概要

大会名称

熊本地震復興支援 第32回 天草宝島国際トライアスロン大会

大会指定

第18回九州ブロックトライアスロン選手権2017(日本選手権ブロック代表選手選考会)
JTUエイジランキング対象大会

開催期日

2017年6月11日(日)午前8時スイムスタート

開催場所

熊本県天草市、苓北町

主会場

本渡海水浴場(スタート)
大矢崎緑地公園(フィニッシュ)

主 催

天草トライアスロン大会実行委員会

銀行口座

肥後銀行 紺屋町支店 普通 1361345
天草トライアスロン大会 実行委員会 事務局長 野口隆平

共 催

天草市、公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)、株式会社テレビ熊本、一般社団法人天草市体育協会、一般社団法人天草宝島観光協会

主 管

熊本県トライアスロン連合、天草市トライアスロン協会

協 力

(公社)日本トライアスロン連合九州ブロック協議会、天草郡市医師会、天草広域連合消防本部、かごしま磯ライフセービングクラブ、宮崎ライフセービングクラブ、シーバード肥後ながす、熊本ダイビングサービス、天草ヨットクラブ、天草フリート、天草市交通指導員、天草地区交通安全協会、苓北町、熊本県立天草高等学校、熊本県立天草工業高等学校、熊本県立天草拓心高等学校、天草市立本渡看護専門学校、九州電力天草配電事業所、天草信用金庫、肥後銀行天草支店

後 援

本渡ロータリークラブ

特別協賛

株式会社 杉養蜂園

協 賛

各社

競技要項

競技種目

スタンダードディスタンス 51.5km(スイム 1.5km、バイク40km、ラン 10km)

制限時間

スイム 60分
バイク 3時間(スイムスタートから)
ラン  4時間(スイムスタートから)

8時 第1ウェーブ、8時30分 最終ウェーブスタート、12時30分コース閉鎖です。
スイムスキップはありません。

部 門

エイジ(九州ブロック選手権) 34人
エイジ(一般)        516人
リレー            40組(120人)

参加資格

エイジ部門は2017年12月31日において満18歳以上(高校生は除く)、リレーは高校生以上(15歳以上)の、いずれも健康な男女。
また、大会当日20歳未満の選手は、保護者の同意が必要。
2017年度JTU登録者。ただし、リレー部門は奨励。

参加料

エイジ部門 20,000円
リレー   24,000円(1組)

申込方法

インターネット申し込み(先着順)

表 彰

①九州ブロック選手権 男女各 1~3位(6人)
②エイジ総合 男女各 1~3位(6人)
③エイジ男女11部門 各1~3位(66人)
④リレー 1~3位(9人)
⑤長嶋茂雄杯 九州ブロック選手権男女各1 位
       エイジ一般総合男女各1 位(4 人)

 

競技規則

1.JTU競技規則(2006 年2月改定版)を適用します。

  • 携帯電話等の通信機器を使用してはいけません。また、カメラ類のバイクへの装着も禁止します。スマホもサイクルコンピューターとしての使用以外は禁止です。
  • ヘッドホンの使用を禁止します。
  • ルール違反に対して15 秒のタイムペナルティを課します。ペナルティボックスに入ってください。ただし、バイクのドラフティング違反に対してはストップ&ゴールールの適用もあります。
  • マーシャルの指示には必ずしたがってください。無視して競技を続けると失格になります。
  • 51.5km 以下の大会では前開き及び前ファスナー付きのユニフォームは着用できません。

2.ローカルルールとして次を採用します。

  • ウェットスーツの着用は推奨です。
  • 同伴フィニッシュを認めます。フィニッシュ手前に待機場所を設けますので担当マーシャルの指示に従ってください。

3.トランジションエリア

  • トランジションエリアには選手以外立ち入り禁止です。
  • 競技用具は他の選手のじゃまにならないように置いてください。

4.スイム(制限時間60 分)

  • スイムウォームアップは7時25 分から7時45 分までのあいだ、海に向かって右側のエリアで泳げます。
  • コースロープにつかまって立ち止まることはできますが、引っ張って前に進んではいけません。
  • 反時計まわりの2周回です。1周回後いったん浜にあがります。
  • ライフセーバーにマーシャルと同等の権限を与えています。ライフセーバーが競技中止を勧告したらしたがってください。
  • スイムスキップはありません。

5.バイク(制限時間:スイムスタートから3時間)

  • トランジションエリア内ではバイクに乗ってはいけません。足が乗車ラインを越えてから乗ってください。またバイク終了時は降車ラインの手前で足を着いてください。
  • バイクラックにセッティングの際、ヘルメットのストラップは必ずはずしておいてください。つながっているときはマーシャルがはずします。
  • バイク乗車時のシューズは専用のバイクシューズかランニングシューズとします。つっかけ、サンダルの類はかかとのベルトがついていても禁止します。
  • ペットボトルは専用のゲージと専用の飲み口がないと使えません。バイクボトルゲージにペットボトルを差している人はマーシャルがはずします。水がないと非常に危険ですので規定にしたがったゲージとボトルをつけてください。
  • ドラフティング(他の選手のドラフトゾーンにはいること)禁止レースです。キープレフトを守ってください。並走してもいけません。前の選手との間隔を約5mとってください。追い越す選手以外は5m以上の間隔で縦一列になるのが理想の形です。
  • パンク修理はコースから出て安全を確認してからおこなってください。

6.ラン(制限時間:スイムスタートから4時間)

  • 周回コースに入ったら左側走行をしてください。
  • ランコースは全面通行止め、一方通行の車との対面通行、コーンによる走路確保の3種類で設定してあります。1周目1.5 ㎞地点は前方から一方通行の車がくる対面通行部分でしかもブラインドカーブです。前方をしっかり見て走ってください。
  • 周回チェックは輪ゴムでおこないます。2本ないままフィニッシュしたら失格です。
  • 十分な給水をおこなってください。まだ体が暑さになれていないので各自暑さ対策をとってください。周回コース上の給水所は3カ所です。
  • 制限時間は4時間ですので8時30 分スタートの第7ウェーブに合わせてフィニッシュテープは12 時30 分まで切れますが、8時28 分以前のウェーブの方はフィニッシュしても4時間を超えていると記録は残りません。
    DNFといいます。

7.ペナルティボックス

  • エイドスーション3の場所に設置します。レースナンバーを記入したボードを見るように注意喚起はしますが、対象選手に知らせることはありません。各自確認してください。ペナルティボックスに入らないままフィニッシュすると失格になります。

8.バイク引き渡し

  • 12 時30 分から15 時までです。レースナンバーと照合します。