競技規則の変更点

■新型コロナ感染症感染防止のため競技規則を変更します。

■コロナ感染症対策として

  1. 大会会場への往復等、すべての場所において必ずマスクを着用してください。
  2.  大会開会式および閉会式、競技説明会、表彰式は中止します。
  3.  トランジッションエリアへは、入口で係員の指示に従い「マスクをして手を消毒し、検温して、体温が37.5℃未満の人」のみ入場してください。体温が37.5℃以上ある場合は、別途指示します。
  4.  スイムスタート会場では、スタート前までマスクを着用してください。
    また、試泳した場合はマスクを係員から受け取り着用してください。
    なお、スタートの際に外したマスクは指定されたごみ箱(スタート前に確認しておくこと)に捨ててください。試泳の際に外したマスクも同様とします。
  5.  スイムスタートは1・2班に分かれ20秒おきに各班5名ずつ総数10名のローリングスタートとします。
    • エリートは男性の1分後に女性のスタートとなります。
    • エイジは、エリートから15分後にゼッケン番号101~110の10名が最初のスタートとなります。
    • コースは反時計回りの2周回(750m×2回)です。スイムスタートコースは3つに分かれていますので、1組は、海に向かって真ん中のコースを2組は一番右のコースからスタートします。
      なお、一番左のコースは2周目の選手が使用します。
  6.  ランコースおよびフィニィシュ会場が変更になっています、前日に確認しておいてください。
  7.  バイク車検は行いませんので、自己責任で整備してください。なお、JTU規則に違反した場合は出 場を取り消しますので、速やかにトランジションエリアから出てください。(不安な選手は、前日、受付会場に配置されたバイクメカニックに相談すること)
  8. バイクスタートは、表示に従いランスタートの右側ですので間違いが無いようにしてください。
    コースが整備され、それぞれのコースが広くなっています。
  9. これまで認めていた、同伴フィニッシュを禁止します。
  10. 周回チェックは自己責任で行ってください。周回が足りない出場者は失格となります。

■新型コロナ対策マニュアルは2月以降に掲載します。■コース案内および第36回天草宝島国際トライアスロン大会競技規則は動画を掲載します。
また、第36回天草宝島国際トライアスロン大会競技規則は、出場案内に同封します。

お問い合わせ

〒863-0032 天草市太田町11-6岩崎アパート2
第36回天草宝島国際トライアスロン大会事務局
事務局長 野口昭信
Mail amatora@a.acn-tv.ne.jp
携帯 080-8385-7005

第36回天草宝島国際トライアスロン大会事務局

目次
閉じる